注目し始めた理由|給与計算アウトソーシングサービス

スーツの人達

承認処理のシステム化

スーツの人達

企業内における様々な業務というのは、多くの場合として申請・承認処理が必要となります。その申請・承認処理は業務内容ごとにワークフロー化されており、そのワークフローのプロセスを全て熟さなければなりません。申請・承認処理のワークフローというのは、申請書を提出し、その内容に見合った承認されるまでの適切なルートです。多くの場合、それらのプロセスは紙媒体によって行われます。その理由として、申請書というのは担当者の捺印によって承認されるといった理由が挙げられます。しかし、承認に捺印を必要とするということは、その捺印を押す担当者がいなければ承認されないということです。つまりは、担当者が多忙であったり、出張にいっていたりする際には、承認処理されるまでに長い時間が掛かるということです。また、申請者に関しても自身が提出した申請書がどの段階まで承認されているのか把握できないため、業務計画を立てることができません。それらの問題を解決したのが、ワークフローシステムです。
ワークフローシステムは、文字通りワークフローをシステム化したものとなります。このシステムでは、申請書に関してもシステム上でフォーム化されています。そのフォーム化に関しては、申請する業務内容ごとに多様なものとなっており、自身の申請したい業務内容に合った申請書にその業務内容を入力します。業務内容が入力されると、申請書は承認を行う担当者へ送信されます。承認された場合、捺印が必要となりますが、捺印自体も電子化されているので問題ありません。こういった一連の流れを効率的なワークフローとして構築したシステムで、申請・承認処理の効率化及びペーパーレス化によりコスト削減等、企業にとって有益なメリットを兼ね備えています。