給与計算アウトソーシングサービス|企業の様々な業務を効率化

メンズ

承認処理のシステム化

スーツの人達

ワークフローシステムというのは、企業内のおける申請・承認処理のワークフローをシステム化したものとなっています。このシステムでは、より効率的なワークフローを実現することができ、申請・承認業務を大幅に効率化することが可能です。

年に一度の決算申告

パソコンを操作する人

企業において、決算を行った際には税務署に対して決算申告を行う必要があります。決算申告は企業に義務付けされており、申告するための決算書及び申請書等は正確に作成しなければなりません。

決算申告をシステム化

男の人

会計システムには、財務会計や管理会計、税務資金管理、経営管理といった4種類の会計システムが存在します。会計システムの導入を考える際には、それらの会計システムから企業の経理業務において必要となる機能を備えたものを選択する必要があるでしょう。

人事関連業務の委託

ウーマン

近年では、国内企業において自社とは系列外の専門企業に対して業務を委託するといったケースが増加している傾向がみられます。そういった業務委託のことをアウトソーシングと呼び、様々な業務分野のアウトソーシングサービスが展開しています。企業内における人事関連の業務というのは、以前まではアウトソーシングするといった考えが好まれない業務でした。しかし、1990年代以降から多くの企業の考え方に変化が現れ、2000年以降になると人事関連の業務についてもアウトソーシングされるようになったのです。人事関連の業務のアウトソーシングサービスで注目されているものというのは、給与計算代行サービスと呼ばれるものになります。
給与計算代行サービスは、企業の経理担当者が行う給与計算及び年末調整等、それらに付帯する全ての経理業務を代行してくれるサービスです。企業がこういったアウトソーシングサービスに注目し始めた理由というのは、企業における人手不足が一つの要因であると考えられます。人手不足の中でも、特に給与計算等の経理業務に関しては専門知識が必要となるため、その影響が顕著に現れるのでしょう。経理担当者の新規雇用をするにしても、求人誌への募集掲載コストや、雇用時に発生する人件費コストの捻出など、様々なコストが発生します。給与計算代行サービスであれば、そういったコストを大幅に削減しつつ、給与計算及び年末調整等、それらに付帯する全ての経理業務を任せることができるのです。